2017年07月09日

中国、三峡ダムの悲劇的兆候


三峡ダム


中国・長江中流域にある世界最大のダム。

この三峡ダムが危機的状況に陥っている
ことが分かってきました。

ところが例によって

中国政府は三峡ダム崩壊、想像を絶する大災害の可能性について

反対者を監禁、反対書籍を禁書にして

ひた隠しにしていますが、

危機的状況は最短あと2年後とさえいわれています。

その大変な実態のごく一部を、下記します。






********************

今年(2017年)6月24日、

中国・四川省で大規模な山崩れが発生。

120人以上が生き埋めになりました。

(これも中国メディアの報道で、実際にはその数倍、数十倍の被害か

ともいわれているみたいですが)


2008年5月に発生した四川大地震は

マグニチュード7.9を記録し、

破壊力は阪神・淡路大震災の約30倍であったと言われます。

その原因が「三峡ダム」の巨大な水圧ではないかといわれ始めています。

ダムの貯水池にためた水の重圧と、

地面から地下に沁みこんだ水が断層に達することで、

断層がずれやすくなり、地震を引き起こすというものです。

三峡ダムにとって、さらに深刻な事態が持ちあがっていて、

長江上流から流れて来る砂礫で、

ダムがほぼ機能不全になりつつあることです。


怒涛のように押し寄せる大量の砂礫で貯水池が埋まり、

アオコが発生してヘドロ状態に、

ヘドロは雑草や発泡スチロールなどのゴミと一体になり、

ダムの水門を詰まらせていると。

三峡ダムが地震の原因のひとつであるなら、

今後さらに四川大地震のような大規模な地震が起きる可能性があるし、

大地震が発生したとき、原因を作った「瀕死」の三峡ダムは、

果たして持ち堪えられるか?

万一、ダムが決壊するようなことがあれば、

長江流域の広大な土地が洪水に見舞われ、

穀倉地帯は壊滅して、数千万人の犠牲者が出ると。

三峡ダムが建設された当初、中国政府は「千年はもつ」と豪語、

ところが数々の問題が発覚、完成後数年で「百年もつ」とトーンダウン。

いまは「10年もつのか」といわれています。

「10年」というのは、

三峡ダムの建設に反対した著名な水利学者、

清華大学の故・黄万里教授が、

臨終の床で家族に三峡ダムは10年しか持たないと言ったことによります。

竣工が2009年なので、

あと2年で10年を迎える、

その2019年でなくてもその数年後のいつか

壊滅的崩壊などの悲劇が起きるかもしれないという、三峡ダムの現状です。


三峡ダム1.jpg

三機強ダム2 .jpg

三峡ダム3 .jpg

三峡ダム4.jpg




今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

このサイトはほかにも姉妹サイトを開いています。

ぜひどうぞお立ち寄りください


ウラわざペディア「生活の智恵百科」

眼からウロコ 「ウラわざペディア・レシピ編」 料理のコツ、わざ

眼からウロコ「便利グッズ・アイデアグッズ」

ウラわざペディア「生活の智恵」








Clip to Evernote



Twitterボタン
Twitterブログパーツ
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
Twitterボタン
Twitterブログパーツ










【中国、ワル満載の国の最新記事】
posted by ハミリオ | Comment(0) | 中国、ワル満載の国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: