2017年02月21日

無料、面白クイズアプリのご紹介


クイズアプリ
一度は試したくなる無料アプリ







幅広くいろいろなテーマのクイズアプリが
どれもみな、「無料」


最近特に人気があるのが、仮想通貨についてのクイズ
                 ふるさと納税についてのクイズ
                 腰痛の改善法についてのクイズ


ほかにも、 
     SMAPの超最近の話題
     君の名は。の聖地についてのクイズ
     ギャル語やヤング語の若者ことば
     超人気アニメ「リゼロ」の名場面、名セリフについてのクイズ
     世界遺産についてのクイズ
     パワースポットについてのクイズ

     
     などなど
     どれもみな見たくなる、試したくなるアプリばかりです。


title12422208.pngふるさと納税Title55.jpgtitle 12422208.jpg

title55.jpgtitle55.jpgtitle55.jpg


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

このサイトはほかにも姉妹サイトを開いています。

ぜひどうぞお立ち寄りください


ウラわざペディア「生活の智恵百科」

眼からウロコ 「ウラわざペディア・レシピ編」 料理のコツ、わざ

眼からウロコ「便利グッズ・アイデアグッズ」

ウラわざペディア「生活の智恵」








Clip to Evernote



Twitterボタン
Twitterブログパーツ
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




    
posted by ハミリオ | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

朝日新聞は「レンホウ某」のたいこもちか?



朝日新聞は「レンホウ某」の太鼓持ちか?


れん法7.jpg

10月6日付朝日新聞朝刊第2面を開けると、
「蓮舫代表攻め専念」の大見出しで
更に二重見出しで「首相に改憲草案追及、防衛相も標的」
とあって、

「切れ味鋭い質問を浴びせた」などと書き、
「質疑は1時間40分。終始身振り手ぶりを交え挑む姿勢を崩すことはなかった」
などと、歯の浮くような礼賛口調の文面で2面の3分の2ものスペースを
使ってさも大事件のように扱っています。

それほどの大きな事実か?と、他の新聞(読売、産経、毎日、東京)を確認すると
読売、毎日、産経はまったく記事のかけらもなし、
東京新聞は1行記事の中で、ついでのように記事の最後に9行だけ。

一体朝日新聞は何のために価値のない、他紙が取り上げることもしない
ことを大々的に紙面を割くのか。

元々二重国籍で、嘘の上塗りばかりの国会議員にあるまきレンホウ某。
朝日新聞はそれをなぜ礼賛するような、読者を誘導するような記事を
大きく書くのか、どういう魂胆なのか。
このブログの見出しに書いたように、ただ「たいこもち」だけなら、
見過ごせばいいだけですが、陰謀的意図があるとしたら
極めて危険なこととなります。
posted by ハミリオ | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月17日

トップニュース「日本のサッカー、どうしてよわいの?」



日本のサッカー、どうして弱いの?







そして、それなのに世界に冠たるサッカー王国のような

熱狂で日本中が興奮する(興奮しない、関心ない人も沢山いますけど)

どうして?

ほかのスポーツでは、世界ランキング46位の競技では、

やっていることすら知られない、ニュースにならない、

応援するのも選手の家族と関係者だけ、みたいなのに

サッカーだけはこの熱狂、どうして?



ワールドカップ、第1戦、コートジボワール。

アフリカの新興国、人口1600万人。

その総合国力の指標では日本に比べはるかに下位に位置する

コートジボワール。

その相手に、少しオーバーに表現すれば手も足も出ない、

ヨーロッパのメディアが報じたというまさに「象に踏み潰された日本」の惨敗。

どうして?


ネットや雑誌、スポーツ紙を検索すると次のような報道がありました。

@ 日本チームは、

守備に回ったときは敵に合わせてそれなりに走ったのですが、

攻撃に転じたときには、

長友選手以外は走ろうという気持ちを失っているように思えました。

暑かったということでは、ベトナムのなでしこジャパンも同じだったと思います。

でも、なでしこジャパンは全員が走りまくりました。

中国選手もオーストラリア選手も暑さと疲れで足が止まってしまった中で、

なでしこジャパンは最後まで走りきりました。

顔色が血の気を失って土色になっても走っていました。

なでしこジャパンは、ワールドカップでも走りました。

アルガルベカップでも走りました。オリンピックでも走りました。

なでしこジャパンが走らなかったことはこれまで1度もありません。

ザックジャパンとなでしこジャパンはそこが根本的に違うように思えます。

なでしこジャパンは、苦しくても走って、

試合後のインタビューでは「気持ちよかった」と言ってのけています。

なぜこのような違いができたのか分かりませんが、

ザックジャパンがこの根本的な違いを自覚しない限り、

勝てないと思います。46位から浮上することはないと思います。

もちろん、走りさえすれば勝てるというということではありません。

しかし、走らない限り勝てないというのは厳然たる事実だと思います。」


A朝日新聞ワールドカップ特集、冒頭記事

「時計の針は後半45分を回っていた。ロスタイムは4分。

自陣左でコートジボワールのCK。

しのいで逆襲に転じなければならない日本の選手が、

手をひざにつき、肩で息をしている。

空転したチームを象徴するような場面だった。

走力自慢の日本がコートジボワールより先に疲弊した−−−」

B岡田前監督のコメント

「選手たちの動きが重たそうなのが印象的だった。

前半途中から全員が相手よりへたばっていた。

日本が相手より走れなくなったら、どうしようもないーーー」

CYAHOO知恵袋の記事

「アジア全体。特に日本は、フィジカル面がかなり劣っています。

例をあげると、一番分かりやすいのが、サッカーと野球。

野球は世界トップクラス・・・なぜでしょうか?

僕は、野球では体のぶつかりあいがめったにないからだと思います。

野球で求められるのは、バッティングのパワー、足の速さ、など、

何1つフィジカル面が関係しません。

が、サッカーはフィジカル面がなんだかんだいって、一番重要。

つまり、日本が苦手とする、フィジカル面がサッカーでは一番重要。

最近ではこれからアフリカがヨーロッパよりも上達するのではないか?

という考えも出てるほど、フィジカル面や身体能力が重要なわけです。 」

日本が弱い理由は調べればもっとはっきりした論評があると思いますが、

世界ランク46位なのに、優勝常勝国のように熱狂する理由は

はっきりしない−−−、

そんな理屈、どうでもいい。という批判は必ずあるだろうけれど。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

このサイトはほかにも姉妹サイトを開いています。

ぜひどうぞお立ち寄りください


眼からウロコ 「ウラわざペディア・レシピ編」 料理のコツ、わざ

眼からウロコ「便利グッズ・アイデアグッズ」










Clip to Evernote



Twitterボタン
Twitterブログパーツ
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
Twitterボタン
Twitterブログパーツ










posted by ハミリオ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする