2014年05月16日

中国から富士山に水銀


中国から富士山に水銀

富士山B.jpg

富士山1.jpg


読売新聞ほか、メディア報道によると、

富士山頂(3776メートル)で

8月、大気1立方メートルあたり2・8ナノ・グラム(ナノは10億分の1)

の水銀濃度が測定され、 全国平均を上回っていることが、

滋賀県立大の永淵修教授(環境科学)らの調査でわかった、とのことです。

2007年は最高の25・1ナノ・グラムを測定。

中国大陸からの越境汚染であると。

環境省は、来年から米国やベトナムなどと共同で

アジア太平洋地域で定点観測事業を始めるとのことですが、

ひとの国ものを盗み、あれこれ言いがかりをつけ

挙句富士山まで汚染させる。

黙っているとますます図に乗って、悪行三昧。

日本政府としてまず厳重勧告、厳重抗議、それを世界に向けて発信する、

これが手始めで、次は損害賠償を突き付ける、

と行動を起こすことが絶対必要と強く提言します。

中国1.jpg中国2.jpg中国3.jpg





Clip to Evernote



Twitterボタン
Twitterブログパーツ
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
Twitterボタン
Twitterブログパーツ

posted by ハミリオ | Comment(0) | 中国このならず者国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする